西陣織という伝統を、日常に楽しむことを提案するブランド篠屋。

VA2.jpg
VA3.jpg

素  材

​西陣織の概念を覆す

西陣の着物といえば正絹のイメージが強いのですが、西陣織をもっと身近にお使いいただくために、普段使いができるウォッシャブルな西陣織を考案いたしました。

「西陣織なのに普段に使える」ことを第一に考え、ご自宅でのセルフケアが簡単にできるよう、素材を選び抜きました。

西陣織の機は正絹を織ることがほとんどで、経糸にポリエステル、緯糸に綿を打ち込む製織は、熟練した職人技を必要とします。

​製  織

​舞妓さんの帯の機を改良

着物以外の用途に使用することを考慮し、機は通常の倍の幅を織ることができる丸帯の機を改良しました。

丸帯とは江戸時代中期に誕生した女帯の一種で、戦前までは最も格式の高い第一礼装用の帯として用いられてきました。現在では婚礼衣裳や舞妓の衣裳として用いられています。

正絹を使わないものの、西陣伝統の手法はそのままに、西陣織の新しいカタチを織り上げています。

木村卯兵衛株式会社

602-8214 京都市上京区大宮通元誓願寺下る北之御門町568
Mail / kimura1738@nifty.com

TEL / 075-441-0131   FAX / 075-441-0157

COPYRIGHT © KIMURA UHEI  ALL RIGHTS RESERVED.